ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 基礎 >> ミラートレーダーのデメリット

ミラートレーダーのデメリット

ミラートレーダーは初心者には優しく、優れたシステムであることに変わりはないわけですが、デメリットはあるのでしょうか。まずデメリットとして挙げられるのは、用意されているストラテジーの信頼性がどの程度のものであるのかをテストするような機能が存在しないということです。有償のシステムトレードツールなどでは、別途EAをつけて、過去のチャート履歴などから取引実績をチェックすることができる、いわゆるバック徹すと機能が存在しているものです。しかしながら、ミラートレーダーには残念ながらその機能は存在しないのです。

他にも取引にかかるスプレッドが、売りと買いの場合で大きく差が設けられているという点も挙げられます。FX業者は手数料としてこのスプレッドの中から利益を確保している状況です。そのために、FXトレードは、株式投資などとは異なり、取引手数料なんてものは無料というところがほとんどですよね。

利益を獲得することができないのに、経営が成り立っている。それなのに、高いサーバやネットワークシステムを構築していく。これらを稼働させるランニングコストもかかる。普通に考えると不可能なことですよね。このスプレッドの中で、利益をしっかりと挙げているのです。逆に言ってしまうと、取引手数料を設けている業者は、スプレッドからの利益と、取引手数料の二重徴収をしているということになるわけです。

FXトレードの中で利益を出すためには、このスプレッドの幅以上、ポジションを持った方向に動くということが鉄則なのです。このためにスプレッドの差が小さい業者を選ぶことが基本中の基本なのですが、前述にあるとおり、ミラートレードでは、売りと買いの場合で大きく差が設けられているという点を考慮しなければならないわけです。スプレッドが高いということは、つまり取引手数料が事実上で高いということになるわけです。

MT4などのように中級者以上向けのシステムトレードツールであれば、スプレッドが狭いために、手数料もかかりません。総合的に見て、より利益が大きくあげられるのは、ミラートレードではちょっと難しいということになるわけです。ある一定の資産の範囲内であれば、そこまで気になることもないですが、大きな金額の取引になった場合、その幅というものは非常にネックになってくると言えるでしょう。トレード毎にコストがかかっていくわけですから、こういった点をしっかりと考慮し、本当に初心者状態からFXトレードに馴れ、中級者レベルのスキルを得るまでという考えを持っておくことが大事ではないでしょうか。

ここを選べば売買に有利!ミラートレーダー業者ランキング!

  サービス名 お勧め度 運営会社 詳細
FXTFミラートレーダー ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細

FXTF AUTO468x60




Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.