ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 業者の比較 >> ミラートレーダー業者を法人口座で比較

ミラートレーダー業者を法人口座で比較

ミラートレーダー業者を決める上で、様々な業者の様々な特徴というものを読み取っていっていると思います。こういった場合に、個人と法人の口座の違いに気が付かれると思います。例えば、レバレッジです。個人口座であれば、25倍までの上限が定められていますが、法人口座である場合には、最大で400倍までのレバレッジが可能になっています。それもこれは国内業者だけの話。海外の業者であれば、法人口座で最大1000倍まで取引が出来る業者が存在しているのです。

ハイレバレッジでの取引が行うことが出来るという所が、個人口座と法人口座の大きな違いの一つと言えるでしょう。こういったことから、個人口座では出来ないような制限が、法人口座では持っているケースが多くみられます。さて、この法人口座で出来ることの幅によっても、ミラートレーダー業者を比較することが出来るのです。

法人口座のデメリットは、やはり法人を作らなければならないということでしょう。たかだかミラートレーダーを利用したり、その他のFX取引を行う際に様々なメリットがあるからといって、会社を作ることまでするのはやりすぎという考えも多くあることでしょう。株式会社を設立するには、30万円前後の設立費用と、100万円から300万円の資本金が必要になってきます。しかもこれはあくまでも初期費用です。それに加え会社を続けていくに比例して、ランニングコストが当然にかかってきます。こういったものを加味してもミラートレーダーで十分な利益をあげることが出来るのであれば、法人を設立しても問題はないでしょう。

兎にも角にも、まだまだミラートレーダー初心者が法人口座を作り、それを利用して高レバレッジの元に資産を運用することは、あまりオススメ出来ません。そこにかかるリスクというものがあまりにも高いと言わざるを得ないからです。FXの何たるかを知り、自分自身の戦略というものをしっかりと立てることが出来るくらいの知識やスキルが出来てから初めてこういったものを利用することをオススメします。

とはいうものの、個人口座で多くの利益をあげたいと思ったとしても、個人口座と法人口座を比較すると、同じ戦略を立てても、利益の幅がまったく違ってくるという現実に直面します。また戦略の面でも多くの戦略の手法を取ることが出来るということから、レバレッジ制限のない法人口座での取引をしたいと願う方は大勢にいるような状況なのです。法人口座でミラートレーダー業者を選ぶのであれば、前述から出ているレバレッジの他にも、スプレッドを比較して業者を選択しましょう。

ここを選べば売買に有利!ミラートレーダー業者ランキング!

  サービス名 お勧め度 運営会社 詳細
FXTFミラートレーダー ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細

FXTF AUTO468x60




Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.