ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 業者の比較 >> ミラートレーダー業者をレバレッジで比較

ミラートレーダー業者をレバレッジで比較

FXの解説ページや攻略を謳っているところには、よくFX初心者は、レバレッジを2〜3倍程度にしておくのが基本だなんていわれますよね。本当にFXをはじめたばかりの初心者の方は、このレバレッジってもの自体がなんだかわからないという方もけっこう多いのではないでしょうか。レバレッジを把握することで、ミラートレーダーの提供業者選びにも、参考になると思いますから、ここで紹介しておきましょう。

ざっくりとレバレッジを解説してみると、100万円の資金で200万円の外貨を運用している場合には、レバレッジが2倍となるわけです。100万円の資金で300万円の外貨運用をしている場合には、レバレッジは3倍になるわけです。元の資金に対して、何倍の外貨を運用することができるか?という指針がレバレッジというわけです。冒頭にある2〜3倍に抑えるということは、あまりに初心者のうちから、大きな外貨運用は行わないことという意味なんです。レバレッジを管理することは、自分の大事な資産を管理することでもありますから、しっかりと頭に入れておきましょう。

レバレッジは買いかの合計額を運用資金の総額で割ることで算出できます。1ドル120円のときに米ドル/円を1万通貨買った場合には、120×10000で120万円相当の外貨を運用していることになります。FX口座にある総資金が100万円であれば、レバレッジは120÷100となり1.2倍になるわけです。同様に60万円であれば、レバレッジは2倍。40万円で3倍といった具合に計算をすることができるのです。

初心者は低いレバレッジを選択しろというのは、高いレバレッジが危険であるという証明でもあります。たとえば米ドルを1ドル120円で1万通貨購入した場合、米ドルが119円に下がったとすると、1万円の含み損が発生します。10円下がれば10万円の損。20円下がれば20万円になるわけですね。もしもあなたが20万円の資金、レバレッジ6倍で運用をしているとすると、20円下がってしまった時点で、資金が底を尽き、FX業者から強制決済されてしまうことになるのです。レバレッジが高いほど、レートの下落に耐えられないため、ちょっとの変動で、すぐ強制決済されてしまうことになります。自分が買おうと思っている通貨が過去どのくらいの値幅で上下しているか、まずはチャートを開いて確認してみてください。

ミラートレーダー提供業者をレバレッジで比較すると、シストレ24は国内で認められている最大レバレッジの25倍まで取引可能です。FXCMジャパンも最大25倍のレバレッジが可能です。またFXトレーとフィナンシャルも25倍。フォレックスドットコムも25倍です。セントラル短資も同様であることから、ここで挙げた主要提供業者は、レバレッジの観点からは、どこもさほどかわりないと言えるでしょう。

ここを選べば売買に有利!ミラートレーダー業者ランキング!

  サービス名 お勧め度 運営会社 詳細
FXTFミラートレーダー ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細

FXTF AUTO468x60




Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.