ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 業者の比較 >> ミラートレーダー業者を必要証拠金で比較

ミラートレーダー業者を必要証拠金で比較

ミラートレーダーを利用するにあたり、気になってくるのは、最低限度に必要な資金になってくるでしょう。ミラートレーダーの口座開設は無料で行うことができます。口座の開設はもちろん、口座の維持や管理にも手数料がかかることはありません。さらにストラテジーの利用にも、費用がかかることはないのです。トレードに利用するPCが必要な人はPCの購入料金、またインターネットの接続料なんてものを覗いた場合には、ミラートレーダーを利用するために必要なのは、ミラートレーダー提供業者に預ける証拠金だけとなります。

ミラートレーディングをはじめ、FXでは、一定の証拠金を元に、それより大きな金額の為替売買をすることが可能なのです。現在国内では、最大25倍までのレバレッジが認められていますから、例を挙げてみると、1万ドルの売買をするのに必要な証拠金は400ドルとなるわけです。また、取引開始のための最低証拠金が決められている場合が多く、その金額は10〜20万円というのが一般的なんです。

証拠金はミラートレーダーを提供している業者ごとに違っています。つまりは安い証拠金で済む業者を選択すれば、それだけ手軽にミラートレーディングを行うことができるわけです。初心者にとっては、手軽に始めることができる提供業者を選ぶということも選択肢のひとつといえるのではないでしょうか。

主要なミラートレーダー提供業者の証拠金を比較していきましょう。インヴァスト証券のシストレ24は取引金額の4パーセントであり、最大で証拠金の25倍のFX自動取引が可能です。法人口座であれば、0.5パーセントとなっています。対円通貨の場合であれば、対象通貨ペアの現在のレート×4パーセントが証拠金になります。外資建て通貨ペアの場合には対象通貨ペアの現在のレート×4パーセント×円換算レートが証拠金になります。現在のドル円レートが80円である場合、1万通貨ポジションの証拠金は、80×10000×4パーセントになり、32000円の証拠金が必要になります。

FXトレードフィナンシャルのオートFXの場合には、最低預入証拠金が10万円となっています。FXCMジャパンのトレーディングステーションの場合だと、維持証拠金額 > 算定基準週の対円レート終値平均 × 10,000 ÷ 50で算出されます。フォレックスドットコムの場合も時価評価額の4パーセント。セントラル短資の場合も同様に4パーセントという設定です。

証拠金の大小は通貨単位設定の影響も大きいですから、1000通貨単位を選択できる、FXCMジャパン、セントラル短資、フォレックスドットコムを選ぶと良いでしょう。 

ここを選べば売買に有利!ミラートレーダー業者ランキング!

  サービス名 お勧め度 運営会社 詳細
FXTFミラートレーダー ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細

FXTF AUTO468x60




Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.