ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 業者の比較 >> ミラートレーダー業者をスワップで比較

ミラートレーダー業者をスワップで比較

ミラートレーダーを代表としたFX投資の魅力ひとつにスワップ金利が挙げられます。通貨の金利というものは、各国の中央銀行やそれに相当する組織によって会合が行われ、そこで決定されます。スワップポイントは、各国の政策金利の差によって生じるものと覚えておきましょう。

例えば、AUD/USDを取引するシステムの場合、豪州の政策金利は4.50%となっており、対して米国の政策金利は、0.00〜0.25%という状況になっています。つまりは豪州の方が金利が高いので、AUD/USDを 買い持ちをする場合にはは、この金利の差額によって、プラスのスワップが付くことになります。逆にこれを売り持ちする場合は、マイナスのスワップが付くということになるのです。

金利自体はどのFX会社でも共通であるものなのですが、実際に毎日FX口座に反映されるスワップの金額は、FX業者によってバラツキがあるのというのが現状なんです。スワップ金利を利用した長期投資を考えている方にとっては、少しでもスワップ金額が有利なミラートレーダー提供業者を選択することが、収益面に影響があり、重要なことだといえるわけです。しかしながら注意して欲しいことは、外貨ペアによって、スワップポイントもそれぞれの業者に善し悪しがあるということです。

たとえば米ドル/円でのスワップポイントを比較した場合には、セントラル短資のミラートレーダーが4円となっており、ダントツで高いということが言えるでしょう。次いでインヴァスト証券で3円。FXCMジャパン証券であれば、2円となっています。しかしこれがユーロ/円になった場合には、FXトレードフィナンシャルが1円となり、ランキングが変わってくるわけです。英ポンド/円の場合であれば、FXトレードフィナンシャルの18円。次いでFXCMジャパンの16円。セントラル短資が15円となっており、ここでもスワップポイント別のランキングに変動が起こるということになります。

こういったことから、自分が利用する利用しようとしているストラテジーが利用する通貨ペアごとに、選択すべき業者が決まってくると言えるわけです。ストラテジーの善し悪しはもちろんのこと、スワップ金利での恩恵も受けたいと思った場合には、自分が選択するストラテジーを参考に、ミラートレーダー提供業者を選択することをオススメします。当然に複数のストラテジーを利用するのであれば、その分だけ複数の提供業者に口座を解説することが得策であると言えるでしょう。

ここを選べば売買に有利!ミラートレーダー業者ランキング!

  サービス名 お勧め度 運営会社 詳細
FXTFミラートレーダー ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細

FXTF AUTO468x60




Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.