ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】

ミラートレーダーTOP >> 業者 >> FXCMジャパン「Trading Station」

FXCMジャパン「Trading Station」の口座開設はコチラから

FXCMジャパン「Trading Station」

ミラートレーダーを提供する業者が国内でも続々と増えていることから、業者選びに頭を悩ませている利用者の方も多いことでしょう。数あるミラートレーダー提供業者の中でも、ここではFXCMジャパンの「Trading Station」を紹介していきます。

FXCMジャパン証券は、日本国内で一番最初にミラートレーダーを採用したFX会社です。一番最初に日本にミラートレーダーを紹介した会社であるということは、それだけにさまざまノウハウを知っているということになります。ミラートレーダーのバージョンアップへの対応も早く、またNDDによるレートの透明性が高いというのが最大の特徴です。

初心者の方には、NDDとはなんぞや?という話になるでしょう。NDDとは、No Dealing Deskのことです。このDealing Deskというのは、FX業者の為替ディーラーのことで、カバー取引を行う人たちのことを指します。Dealing Deskディーラーたちは、顧客から注文されたレートに対して、スプレッドという形で手数料を設けた後、実際の市場へ注文を代行するということを行っているのです。Dealing DeskがNoなわけですから、利用者が直接市場で注文をすることができると考えてください。厳密に言うと、こんなに単純にはなっていないわけですが、インターバンクと投資家の間にディーラーなどの人を介さないでトレードする方式のことを指しているのです。ちなみに、NDD方式の他にも、インターバンク直結方式などとも呼ばれています。

NDD方式では、すべての注文をカバー取引します。カバー取引とは、相対取引の金融取引において、取引の引き受け手がリスク回避のために行うヘッジ取引で、引き受けた注文と同じ注文を別の金融機関に対して行うことを指します。例えば、FXのような店頭取引が行われる場合、顧客の利益=業者の損失、顧客の損失=業者の利益となりそれぞれの取引が利益相反関係になります。こうしたリスクを業者が負ってしまうと、場合によっては大きな損失を受けることになる。そのため、取引業者がこうしたリスクをヘッジするために、自らも別の金融機関や市場に対して顧客と同じ注文を出すことでそのリスクをカバーする取引をカバー取引と呼んでいるのです。これによって利益相反が起こらないことから、レートの透明性が高いということがいえるわけですね。

こういった信頼がおけるシステムを採用しているため、かなり人気の高いミラートレーダー提供業者のひとつであると言えるでしょう。


Copyright (C) 2013-2015 ミラートレーダー.com【人気業者の比較ランキング】 All Rights Reserved.